NEWS

ニュース

新西工業株式会社 > Column > スクリーン(ふるい機)のレンタル、おすすめ企業3選の特徴やサービス内容を比較
 

スクリーン(ふるい機)のレンタル、おすすめ企業3選の特徴やサービス内容を比較

      スクリーン(ふるい機)をレンタルすることは決まっているけれど、どのレンタル企業を選ぶべきか、迷ってしまいませんか? スクリーン(ふるい機)のレンタルは企業ごとに特徴があるため、比較しておくとスムーズに手続きを進めることができます。それぞれの企業が持つ特徴やレンタルを申し込みする前の注意点などを確認しておきましょう。

スクリーン(ふるい機)はレンタルがおすすめ

あらためて、スクリーン(ふるい機)をレンタルするメリットを確認しておきます。スクリーン(ふるい機)レンタルの利点は大きく分けて2つです。

在庫があればすぐに利用できる

1つ目の利点は、在庫さえあればすぐに利用が開始できることです。 レンタル品は、申請を行い、機器が現場へ届けられるまでの期間が短いという特徴があります。早い場合で数日、手続きに時間がかかる場合でも数週間ほどで手配してくれることがほとんどです。 一方、新品や中古で購入となると、納品までに数カ月かかってしまいます。

コストを抑えられる

2つ目の利点は、コストを最小限に抑えられることです。 スクリーン(ふるい機)を購入して揃えると、場合によっては数億円の予算が必要となります。重機の種類にもよりますが、複数種類の自走式スクリーンを新品で買いそろえると、数千万円以上かかってしまうでしょう。中古で自走式スクリーンを1台だけ購入するという場合でも、数百万円はかかってしまいます。 レンタルであれば、10日間で100万円以内に費用を抑えることができます。基本料金と1日あたりのレンタル費用および保険などの諸経費がかかるだけなので、購入する場合と比較して、少ない出費で済ませることが可能です。 ちなみに、レンタル以外の選択肢として、新品購入もしくは中古品購入という選択があります。下記の記事を参考に新品と中古のメリットデメリットを確認しましょう。 [getpost id=”198″]

スクリーンのレンタル、おすすめ企業3選

スクリーン(ふるい機)の貸し出しを行っている企業はたくさんあります。選択肢が多すぎて、迷ってしまう人も多いはず。そこで、3つの代表的な企業をピックアップして紹介します。 それぞれの企業に特徴があるので、うまく使い分けてレンタルしましょう。

新西工業

サイトhttps://www.shinsei-e.com/ 新西工業(しんせいこうぎょう)は、スクリーン(ふるい機)のレンタルに最適な企業です。 多くのレンタル企業は重機全般を取り扱っていることがほとんどですが、新西工業では主にスクリーン(ふるい機)の貸し出しを行っています。環境リサイクル事業のサポートを主な事業として、創業から20年以上経営が続いているため、実績に信頼があります。 また、自走式スクリーンに「エアースプラッシャー」という目詰まり防止独自許技術を搭載しており、細やかな配慮がされています。この機能が搭載されていることにより、重機の稼働率がアップし、現場の生産性を高くすることが可能です。 さらに、目的に合わせて最適なスクリーンサイズの網を作成してくれるレンタルサポートや全国配送の対応など、必要なサービスが一通り揃っています。

東京レンタル

サイトhttps://tokyo.jpncat.com/ 東京レンタルは、油圧ショベルなどの建機、スポットクーラーなどの季節製品と幅広いレンタルを実施している企業です。そのため、複数の機器を一括でレンタルしたい場合に活用しやすいという特徴があります。 自走式クラッシャーや自走式振動式ふるい機などの貸し出しを行っているので、スクリーンを探している場合は、環境リサイクル機械に絞り込んで調べてみましょう。 また、公式サイトからレンタルの見積もり依頼することができるため、気軽に申請できることも良い点です。

Jukies

サイトhttps://jukies.net/ Jukiesは、建機シェアリングプラットフォームです。レンタル企業だけでなく、一般オーナーや建設会社なども参加しているため、幅広い機器が取りそろっています。 貸し出し事業が専門ではない個人や企業もレンタルを行っているため、格安で借りることができたり、スクリーンを使用する現場と距離が近いところから借りたりすることが可能です。また、レンタルするだけでなく、貸し出しすることもできます。 スクリーンを使用している間は使わない重機があるといった場合に活用するのも良いでしょう。

レンタルを申込む際の注意点

スクリーン(ふるい機)のレンタルを申し込む際には、2つの注意点があります。それはレンタル期間とトラブル時の対策です。レンタルならではの注意点ですので、よく確認しておきましょう。

期間を確認しよう(延長の場合は?)

レンタル期日を考慮して、スケジュールを組みましょう。 落とし穴となりやすい点が、レンタル期間終了と返却のタイミングを勘違いしてしまうことです。一般的なレンタル企業では、レンタル期間が終了する時点で返却が完了していなくてはなりません。返却までのスケジュールには余裕を持っておきましょう。 ただし、予定したように作業が進まず、延長が必要となる場合もあるはずです。その場合は、企業へ問い合わせることで、レンタル期間の延長に対応してもらえることがあります。在庫が少ないレンタル企業では、次へ貸し出す予約が入っている場合もあるので、延長する可能性が高い場合は、在庫が豊富なところから借りるようにすることが無難です。

故障・トラブル時の対応方法を確認しよう

レンタル品は、さまざまな現場で使用されているため、動作不良が発生することがあります。スクリーンが故障して動かない場合は、オーナーであるレンタル企業に問い合わせることが第一です。 また、トラブルは機器の故障に限りません。盗難および物損などが発生する場合もあります。レンタル中に発生した重機の損害は、借りている側に責任が求められることが一般的です。修理などの費用を負担しなくてはならないので、事前に保険の適用範囲の確認はよくしておきましょう。特に相手がレンタル事業を主としていない個人オーナーの場合など、Jukiesのように保険が含まれているサービスを利用すると良いです。

まとめ

ここではスクリーン(ふるい機)レンタル企業を比較する際に知っておくとべき情報を紹介しました。 スクリーンの貸し出しを行っている企業はたくさんありますが、企業ごとに品揃えや貸し出し拠点などの違いがあります。利用目的に応じて、最適なレンタル企業を選びましょう。 また、レンタル期間の延長や故障・物損などのトラブルに備えておくことも忘れないでください。